負担と配慮について

医師と看護師

体の機能となっている腎臓は、食生活が原因で腎臓病となってしまいます。欧米化の食事が当たり前となってきた現在は、その患者数が増加しているため、食事療法が見直されています。たんぱく質を取り過ぎない健康的な食事が、腎臓病の負担を軽減してくれます。

利用と注意

野菜

腎臓病の食事療法を行なっているという人にオススメのサービスが宅配サービスです。非常に便利なサービスですが、利用する際には費用などについても考慮することが大切になります。ある程度の知識は身に付けておくようにしましょう。

バランスを

皿とトマト

腎臓病を改善するためにはバランスの良い食事を続ける必要があります。また食事によって腎臓病を改善する方法のことを食事療法といい、これを行なうためには知識が必要なのです。

腎臓病になった時

看護師

腎臓は、体にとって害となる老廃物を血中からろ過して、体外に排出させるための尿を作り出す臓器です。そのため腎臓病になり、腎臓の働きが悪くなると、老廃物は血中でどんどん溜まっていき、尿毒症になってしまいます。 そのため腎臓病になると、腎臓に負担を与えないための食事療法が必ずおこなわれるようになります。食事療法は、老廃物を溜め込まないように、老廃物になりにくい食品を選択して食べるという方法でおこなわれています。 食材だけでなく調味料における選択も必要になるので、食事療法をおこなうことは簡単ではありません。そのため、腎臓病食の宅配サービスを利用している人も多くいます。宅配サービスは、1食あたり800円前後ですが、何食分かをまとめて注文すると割引価格となる場合が多いです。自分で作る手間がかかりませんし、栄養バランスを考えて作られていて非常に健康的なので、人気があります。

肉類などのタンパク質が多く含まれている食品には、消化されていく過程で老廃物となる物質も、多く含まれています。そのため腎臓病になると、食事において肉類の摂取を控えることが大事になります。 しかしタンパク質は、体にとって大事な栄養分なので、肉類を控えることで不足すると、かえって不健康な状態になってしまいます。そのため昨今の腎臓病の食事療法では、タンパク質を含む食品がある程度は使われるようになっています。体内で老廃物となりにくく、なおかつ吸収されやすい良質なタンパク質が含まれている、牛乳や卵や大豆製品などです。 病院食にはもちろん、宅配サービスの腎臓病食にもやはり、これらがバランスよく使われています。そしてこれらによって腎臓病を悪化させることなく、日常生活を続けることができる人は、増えています。